2013年6月30日日曜日

モンテファンならあの2006年の東京戦を思い出したはず!水戸戦!

 昨夜も飲み会でした。情報をシャットアウトして、帰宅後見ました。午前0時前でした(^^;)。

 早々に相手選手が一発退場。数的優位に立ち、これは行けるかと思っていると、もたもたな試合展開。カウンターからの危ないシーンもあり、大丈夫かと思っていた矢先の失点。


 父 「少ない相手に先制されるなんて、なんてザル守備なんだ!」


 相変わらずの失点に腹が立ちました。しかし、相手ハンドのミスでなんとかPKを得、林選手がゴールを決めてくれた時は、ほっとしました。


 後半、これまた立ち上がりに、なんと鈴木選手がペットボトルを蹴って一発退場。退場、PK、退場とまるっきりモンテには有利なジャッジになりました。

 ここで思い出した試合が、2006年7月22日のホーム東京戦です。前半早々にモンテ戦士2人が退場となり、結局敗れた試合です。

 その試合の記事は・・・・・・・・・こちら

 ことききは主審に対してかなり頭にきたことを覚えています。映像で見ればたしかに昨夜のジャッジは妥当かもしれません。が、生で見ていた水戸サポには納得できないジャッジだったことでしょう。

 そして後半、モンテは山崎・石川選手を投入した監督采配が珍しく決まり、勝ち越し点をあげることができました。

 快勝も、水戸サポの落胆を思うと、嬉しさもちょと減った感じでした(^^;)。


 モンテは久しぶりの連勝。でも順位は変わらず7位。上位にくらいついていくにもやはり負けることは許されません。今節で5戦負け無しと着実に勝ち点は積み上がっています。なんとか、なんとか負け無し試合を今後とも続けてほしいです。

 頼んだぞ!モンテイレブン!

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月28日金曜日

J’Sゴールのプレビューを読んで!明日、水戸戦!


 今夜、仕事がらみの飲み会でした。6時過ぎから2時間飲み放題プランだったので、8時過ぎには終了し、9時前には帰宅しました。

 ということで、今、記事を打っています。


 前日ということで、J’Sゴールのプレビューを見てみました。大変申し訳ないのですが、佐藤円さんのプレビュー等と比べると、えっ?これでプレビュー?と思わせるような内容の物足りない文書でした(-_-;)。

 この、J’Sゴールのプレビュー記事を読むにつけ、モンテサイドの佐藤円さんの記事はさすがと思いました。

 明日の試合。プレビューで読んで印象に残ったフレーズは、「面白くならないわけがない」 です。ぜひ、そんえな試合展開になるように、監督スタッフにはがんばってほしいと思います。

 すみません。今夜はこれで失礼します。おやすみなさい!

 記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月27日木曜日

負け無し記録をとにかく続けたい!明後日!水戸戦!

 日々打ち続けている本ブログ。時折休みの日があります(^^;)。休みの時は、100%飲み会が要因です(^^;)。飲んでしまって打てないのです。

 で、明日は仕事がらみの、さらに明後日も仕事がらみの飲み会なんです。つまり、最悪2日連続で記事を打てないかもしれないので、今のうち水戸戦の記事を打っておきます(^^;)。


 モンテは過去4戦負けなしの2勝2分。順位も一歩ずつですが、7位にあげました。やはり、巻き返すには、勝ち点を着実に拾うことが慣用です。

 基本はホームで勝利、アウエーで引き分け時々勝利の展開でしょう。昨季、甲府が終盤で負けない試合展開を貫きました。後半戦、モンテにはなんとか昨年の甲府のような戦いを期待したいです。

 で、明日は水戸戦。前節水戸は、前後半を通して、まったく京都に手も足も出ない展開だったのに、終盤にPKを得て1-0の辛勝。つまり、運を味方につけています。

 松本戦に快勝し、4戦負け無しのモンテが変に誤解し、俺らは強いと鼻高々で相手に対峙すれば、足下をすくわれる可能性は大です。

 最近のアウエー戦は結果が出ているものの、トータルでは分が悪いといっことを謙虚に自覚し、とにかく勝ち点を拾う展開を期待したいです。

 泥臭く、謙虚にが1番!頼んだぞ!モンテイレブン!


記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月26日水曜日

衝撃の事実!?おしんが、あのNDスタ名物のどんどん焼きを売っていた?

 昨夜に引き続き、「おしん」ネタ(^^;)。佐賀から東京に戻ったおしんは、髪結いの師匠、「たか」を頼ります。が、怪我の影響で、思うように髪を結えないことがわかります。

 そこで、始めた商売が、なんと、今ではNDスタの名物グルメとなった、「どんどん焼き」を売ることだったんです。的屋の総元締め・山形出身の健さん(ガッツ石松さん)に進められて始めたようでした。これが証拠写真です(^^;)。


 おしんが露天で、親子連れを相手に、「どんどん焼き」を売っている様子です。割り箸で巻くという文化はまだないようです。フライ返しですくって、厚紙のようなものにのせて売っています。

 山形が産んだ偉大なスターおしんが、NDスタ名物「どんどん焼き」を売っている偶然?が信じられず、ネットで調べて見ました。


 ウィキペディアによりますと、どんどん焼きの解説は、

 ウ 「どんどん焼きはもんじゃ焼きが変化したものである。どんどん焼き専門店「COCO夢や」店主は、2010年5月17日の「秘密のケンミンSHOW」にて、大正時代の江戸にはお好み焼き風のおやつがあって、これを参考として大場亀吉が山形に持ち込んだという。

名称は、同商品を売る屋台が「どんどん」と太鼓を鳴らしていたことから、あるいは、作るそばから「どんどん」売れたことから名付けられたとされる。

1931年(昭和6年)頃、東京の屋台や縁日で「どんどん焼き」が評判になっ。その後、昭和前期頃までは東京・下町界隈などでもよく見られた。」

 BSの現段階のおしんは、関東大震災の翌年の設定ですから、大正13年頃でしょうか?上の文献を見ると、昭和6年ごろ評判になったとあるので、おしんは、すでにその数年前に「どんどん焼き」を売っていたことになります。

 今のNDスタの「どんどん焼き」があるのも、大正末に、おしんが東京で売ってくれたからかもしれませんね(^^;)。やはりおしんは、山形の恩人だったのです。

 えっ?おしんは架空の人物だろう?それはそうです。が、今季、「信 深 神」 をスローガンに掲げるモンテのお膝元の名物グルメを、これまた「しん」の「おしん」が売っていたという偶然事実には、もはや偶然では片づけられないロマンを感じます(^^;)。皆さんはどう思いますか?


記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月25日火曜日

やっと終わった、おしん・佐賀編!

 久しぶりにおしんネタ。関東大震災で、縫製工場を失い、失意の龍三に従って実家の佐賀に帰省したおしん。ここから約1年の佐賀での生活が佐賀編です。

 姑のあまりの言動に耐えかね、半年たった頃、おしんは内緒で佐賀を出る決意をします。しかしこれは龍三に知られることになり、龍三との諍いで怪我を追ってしまい、断念します。第二子を妊娠してしいたことも一要因です。

 で、その後もおしんは姑につらい言動をあびせられます。そしてついに、第二子を死産させるという結末を見てしまいます。おしんは、今度こそ佐賀を出る決意をし、長男を連れて佐賀を出ることになりました。これが佐賀編の大まかなストーリーです。

 私がおしんを見るのは、4度目ぐらいです。2度目のときは、あまりの辛さに、この佐賀編だけは見なかった記憶があります・・・・・。今回は見ましたが、それほど視聴者にもつらい日々でした(^^;)。

 しかし、今回見てみてまた新たな見解が生まれました。おしんは、酒田の加賀屋でも、東京の髪結いのおっしょさんにも、髪結いの顧客にも、今後の伊勢志摩編の漁師の網元にも大変かわいがられます。

 そのおしんが、なぜこんなに佐賀では姑に冷たくされたのでしょうか?そういえばおしんは、兄夫婦にも冷たく扱われます。さらに二男の嫁にも煙たく思われます。

 こう見るとおしんは、外ではかわいがられるが、家族には煙たがられる存在だったようです。きっとそんな性格だったのでしょう(^^;)。これがおしんの新見解です。


 話は変わりますが、おしんが初回放送されたころ、この佐賀編の朝からの嫁いびりの展開に、「朝からなんでこんなむなくそ悪い思いをしなくてはならないのか?」 という投書が新聞等にあったことを記憶しています。それほど、この佐賀編のおしんは辛かったのです。

 とばっちりを受けたのが、姑役の「高森和子」さん。あまりの妙演技で、本人自身が憎まれてしまったとか・・・・・・(^^;)。さらに小姑役の、長谷直美さん。後に「太陽にほえろ」のマミー刑事で活躍しますが、この時はだめ小姑でしたね(^^;)。

 なお、高森和子さんについては、ちょうじり合わせのためか、翌年の大河ドラマ「山河燃ゆ」で優しい下宿屋のおばちゃん役で登場した記憶があります。あまりにも優しすぎて、かえって記憶に残らなかった記憶があります(^^;)。

 sireiさん、解説ありますか?(^^;)いきなりすみません。


記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月24日月曜日

松本戦、今夜の報道から!

  まずはNHK山形のOM。サポの試合前インタビュー。そして、先発選手の紹介。そして映像による試合の振り返り。今回はホーム戦ということもあり、NHK山形の独自取材があったのか、スカパーでは見られなかった、ゴール裏からのカメラアングルもありよかったです。

 比嘉選手や伊東選手、林選手のゴール裏からのカメラアングル映像を見ることができました。

 伊藤アナのニュースコメントを拾うと、失点シーンについては、

 アナ 「サイドからくずされ、いったんは止めますが・・・・・(失点)。先制しながら追いつかれるここ数試合ホームで繰り返されるいやな展開に・・・・・。」

 ここで失点シーンが映し出されます。そして、

 アナ 「しかしこの日のモンテディオは違いました。伊東が視線でフェイントを入れてこのシュート!再びリードします。」

 ゴール裏からのカメラ映像で、確かに伊東選手が視線フェイントをかけていたのがわかりました(^^;)。クロスをあげるぞとフェイントをかけたのでしょうか?」

 アナ 「ハードワークをつらぬき、最後まで攻め続けたモンテディオ。5月3日以来の勝利をあげました・・・・。」

 その後、林選手のバックスタンド前あいさつ、監督のインタビューなどが流れました。

 そして、番記者・波田野記者の登場。波田野記者は、ここ数試合終盤で追いつかれているモンテが取った2つの対策を解説。

 ①運動量を落とさず、最後までボールを奪いに行く。②終盤での相手コーナー付近でのボールキープ。の2つをあげました。

 父 「おいおい、波田野さん、終盤でのボールキープは対策ではなく、常識でしょう?モンテは常識もやってこなかったってが(^^;)?」

 
 続いてYTSのMOS。小出アナはピッチに降りての直々の取材だったようです。まずは、「1カ月半、ホーム白星なし」 と 「5試合14得点の攻撃サッカー」 の2つの字幕を、スタジアム映像ののせて出しました。

  そしてすごかったのが、入場する選手の中で、比嘉選手をクローズアップしていたことです。取材カメラマンには比嘉選手が得点をあげるという予知能力があったのでしょうか(^^;)?


 MOSもアナのコメントを拾うと、

 アナ 「追加点が奪えずにいた後半立ち上がり、山形大学出身、松本のFW塩沢にねじ込まれ同点とされます。が、前節、群馬戦で2点差を追いついたせいか、落ち着いていました。」

 父 「本当かよーーー、群馬戦の結果で落ちつていたのかよーーーー(^^;)。」

 そしてMOSでも、「攻撃陣好調の要因」 の解説が入りました。

 アナ 「梅雨空を吹き飛ばすような絶好調の攻撃陣。その訳は!」

 父 「ほう、その訳は?」

 そしたらなんと、林選手のインタビューシーンが出て、

 林 「自信を持ってやれていることが得点につながっている。」

 との映像。

 父 「それが要因かーーーー(^^;)。NHK山形の波田野記者の分析とはあまりにも違いすぎるべーーー(^^;)。」

 好調の攻撃陣の要因が、林選手の「自信を持ってやれている」の一言で片づけられたことに愕然とする父でした・・・・・(^^;)。

 メディアの取り上げ方もいろいろですが、モンテを応援してくれていることには変わりないでしょう。しっかり応援お願いします!頼んだぞ!県内メディア!


記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月23日日曜日

松本戦、一夜明けて!

 やはり土曜が試合だと、翌日も勝利の余韻にどっぷりとひたることができていいですね。モンテには早く土曜日開催のJ1リーグに復帰してほしいです。

 今日も、ネットでメディアや各ブローガーの記事を読ませていただきました。昨夜の試合については、概ね快勝との論調でした。私もそう感じます。さらに、昨夜のような試合ができれば後半戦の巻き返しも可能と期待感を持つ論調が多かったです。私もそう感じます。

 勝てば官軍、負ければ賊軍、監督批判はほとんどありませんでした。えっ?お前が言わないから?すみませんm(_ _)m。監督の采配が悪い意味で記事ネタにならないことを祈ります(^^;)。


 さて、昨夜は7100人も入っていたのですね。終盤に失点など不甲斐ない試合が続いたのになぜ?と考えたのですが、やはり土曜ナイターというのが大きな要因なんだと思います。日中、仕事や学校の用があっても、ナイターならOKという方がたくさんいるのだと思います。さらに翌日は日曜ですから、少々遠距離でもOKという方も多いのでしょう。

 実は私も7月のホーム千葉戦、岡山戦はすでにチケットを購入しています。参戦動機の第一要因はやはり翌日が休日のナイターだからです。遠距離ファンには、これは本当に大きな要因です。千葉戦、岡山戦にはたくさんの観客に来てもらえるよう、モンテにはそこまで快進撃を期待したいです。

 モンテは現在、4戦負けなし。例え引き分けでも、そのようにとにかく勝ち点をこつこつと積み上げていくしかありません。1歩ずつ前進です。頼んだぞ!モンテイレブン!


記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月22日土曜日

浮上のきっかけは見えたのか?大量得点で勝利!松本戦!

 いや~、盾と矛の対決は、矛の勝ちでしたね。4得点ですから、十分に盾をつらぬいたと言ってもよいでしょう。

 この試合、終始モンテペースに見えました。そんな中、やはり今まで通り、1-1の同点に追いつかれてしまいます。

 しかし、この後が今までと違いました。2点目、3点目と得点をあげたのが大きかったです。

 監督の采配も、比嘉選手に代えて廣瀬選手、山田選手に代えて小林選手と、素人の私でもわかる、システム変更のないセオリー的な交代でした(最後の伊東選手と作田選手との交代後のシステムは未だに不明 ^^;)。やはり現場に混乱を与えないのがいいですよ。

 そして、失点1のまま終了。なんとか攻守の形を作っての快勝と言ってよいのではないでしょうか。

 前半戦終了間際の昨季は、首位争いを演じていたモンテですが、今年は6位を巡る争いに身を置いています。厳しい状況に変わりはありません。

 ただ、昨年の今頃は、メンバーが固定し、選手方が疲弊に入る直前でした。

 今季は、幸か不幸か、選手方の怪我もあり、多くの選手が試合に出て経験を積んでいます。さらに、先発が全員得点をあげている等、好材料もあります。希望的観測を言わせていただけば、この経験が生きて、後半の巻き返しにつながってほしいです。

 さらに、昨年の甲府のようなダヴィ選手がいれば・・・・。8試合で7得点の林選手がダヴィ選手になってくれればよいのですが・・・。夏場の補強もあるでしょうか・・・・。


 私的に今夜は、NDスタには参戦しませんでした。

 父 「おとーさんが見に行かない時に限って、よい試合をするんだよ!」

 傍らにいる二男に語りかける父・・・・。

 二 「おとーさん、行ってたら、スコア違って負けたんじゃない?」

 言いたいことを言う二男・・・。

 父 「おとーさんもそう思う (^^;)。」

 でも、妙に納得する父。見に行けなかったことは、残念ですが、モンテが勝ってくれたことで、それを補って余りありです。

 今夜のような試合をしてくれれば、観客も増えるでしょう!ぜひ、続けてほしいものです。頼んだぞ!モンテイレブン!

 追伸、午後9時前のNHK山形のモンテ報道は、映像無しの結果のみでした!


記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月21日金曜日

果たして勝てるんだろうか?明日ホーム松本戦!

 昨年のホーム松本戦は、7月だったかな?帰省したなつきも含めて、久々に親子4人で生観戦できた試合でした。あれ?確か天童市民応援デーで、天童市がバックスタンドを買い占めちゃって・・・・。いつものバックスタンドのチケットが取れず、メインで観戦した記憶があります(^^;)。

 中島選手の気持ちのこもったシュートで先制するも、前田選手のまさかのハンドでPKを献上。その失点で1-1のドローでした。

 本ブログの過去記事ランキングでは、チケットが買えなかった記事は3位、試合内容は5位に、未だにランキングされています(右端の過去記事ベスト5を見てください^^;!)。

 それほど印象に残った昨季のホーム松本戦でした。

 で、明日、モンテはそんな歴史のある松本と、どんなふうに戦えばよいのでしょうか。さっそくJ’Sゴールの佐藤円さんのプレビューを見ました。

 モンテのゴール数はリーグ2位なのに対し、なんと松本は、平均失点がリーグ3位なんだそうです。まさに矛盾の戦い・・・・・。明日の結果はどうなるのでしょう?

 はっきり言いましょう。リーグ2位のゴール数のモンテも、堅守チームには意外と得点できていません・・・・。明日は1点を争うゲーム展開になると見ました!

 モンテには焦ることなく、しっかり守って90分で1点取るという試合展開を期待したいです。最近のデータから見れば、1点取るより、無失点に抑えるのが至難の業ですが、なんとか、なんとか勝利をものにしてほしいです!

 明日はホーム戦ですが、自宅でスカパー観戦の予定です。京都、徳島戦と続いた試合終了間際のドタバタ劇を見せられては、時間とお金をかけて見に行こうかという気持ちが沸き立ってこないのが現状です(-_-;)。

 えっ?それでもサポか?いえ、私はファンです。他にも時間がほしい用が多数なのです。ご容赦くださいm(_ _)m。


 で明日は、スカパー観戦になりそうです。「見に行けばよかった!」 と後悔させる試合を期待です。J1復帰のためには勝利あるのみ!頼んだぞ!モンテイレブン!

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月20日木曜日

コンフェデ杯・イタリア戦の感想!

 イタリア戦は、午前7時キックオフということで、出勤時間の関係で前半はなんとか視聴できる時間帯でした。

 思わぬPKで先制、香川の反転シュートで2-0とリードしました。ここで勝てる!と思ったサポは多かったでしょう。

 でも、私はそうは思いませんでした。なにせここ2試合のモンテは2-0からのドラマでしたから・・・・・(^^;)。また、サッカーにとって、2-0は一番危険な展開というのは周知の事実です。

 出勤時、車を運転しながらワンセグで情報を得ながら行きました。1点返されたところまでは確認しましたが、その後は勤務となってしまいました。


 しばらくして情報を入れて唖然としました。3-4で逆転負け・・・・。いったい何が起こったのか?というような結果でした。


 帰宅してやっと展開の情報を入れることができました。

 完敗したブラジル戦といい、2-0とリードしながら結局逆転負けを喫したイタリア戦といい、世界との差を感じる大会となりました。


 しかし、その結果は日本がある程度望んだこと。相手が手を抜かないで戦ってくれるシュチエーションで、試合をし、世界との実力差や課題を計ることができたのですから・・・・。


 本大会まであと1年あります。望んで明らかになった課題を少しでも埋められるようサックジャパンにはがんばってほしいです。頼んだぞ!日本代表!
記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月19日水曜日

YBC情報ナビ、今朝のモンテ情報から130619

 最近季節もよくなり、自転車通勤を始めたので、先週、先々週あたりは聞けなかったのですが、今朝は雨で、車で出勤したので、聞くことができました。

 で、聞き始めると、なんと瀬田さんは、コンフェデ杯を見にブラジルに行ってるそうです。そのリポートが中心になりそうでした。

 が、なんと瀬田さんと電話が通じないとのコメント・・・・・・。

 そんなこともあるのですね。時間内に通じれば瀬田さんの話をお聞きするとのことでした。その間アナは、日本VSブラジル戦の振り返りや、ブラジル戦後の日本代表の様子をコメントします。

 しかし、結局電話がつながることはありませんでした。8時半?までの番組内でつながれば、お話を聞けるかもしれないと語っていたのですが、果たしてどうなったのか?勤務が始まった私には知りようもありませんでした。

 アナ言っていましたが、電話が通じないなどは、「日本国内では考えられない」ことですよね。やはり世界のインフラはまだまだなのかもしれません。

 ということで、瀬田さんにモンテの情報も聞くことはできず、今朝が終わりました。非常に残念でした。


記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月18日火曜日

「パートナー企業」との記者会見記事への感想!

 昨日のニュースですが、「アビームコンサルティング」の松田智幸執行役員が、8月をめどにトップチーム経営に携わる株式会社の設立を目指す考えを明らかにしましたね。

 現施設がある県総合運動公園(天童市)の指定管理者の指定を受けることを目標とし、同社の企画力で収益基盤の拡大に努める考えを示したそうです。


 総合運動公園の、指定管理者という業者が存在したのですね。初めて知りました(^^;)。それをめざしているとのこと。しかし、今の管理者だって、おいそれと管理者を手放すつもりはないのでしょう?

 公正な入札?圧力による決定?この辺りの結末はどうなっていくのか?興味津々です。


  松田執行役員は、記者の
 
 記 「現在の協会に足りないのは何か?」

 という質問に対し、

 松 「試合の運営だけで精いっぱいという印象。観客増などを考える企画部門が弱いと思うので、そのピースを埋めたい。そこに付加価値を付けたい」

 と語っていました。モンテフロントは、今までも、スタッフだけではなく、サポの等のアイディアも取り入れながら集客のためにあれこれと企画をしてきたはずです。それが、玄人から見ると、やはり素人だったということでしょうか?

 プロが提案する観客増の企画。期待して待ってます。


記 「財政基盤を現状の約10億円から2倍の規模に拡大する公算は?」

  という質問に対し、

 松 「めどは現時点で明言できないが、数年内に実現したい。まずは事業規模の拡大と、チケット販売などで新商品開発を進める。収益を上げ、トップチーム強化に役立ちたい」

 とのこと。数年以内に事業規模が20億円になる?本当でしょうか?この会社は打ち出の小槌でも持っているのでしょうか?そんな夢のようなことが現実となるのでしょうか?

 以上、気になった点だけ感想を述べました。


 財政基盤が倍になるのはすごくありがたいお話です。モンテだけでなく、こんなおいしい話なら地方チームが多い、他のJ2クラブにとっても魅力的な話でしょう?

 こんなうまい話が本当に成就するのか?しっかり見届けたいと思います。頼んだぞ!アビームコンサルティング!
 
記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月17日月曜日

群馬戦、今夜の報道から!

 まずはNHK山形。ヘッドラインで、

 アナ 「・・・ロスタイムにドラマが待っていました・・・。」

 父 「あーーーん?同点ぐらいでドラマなんて言わないでよ。恥ずかしい(-_-;)。」

 コーナーはいつものようにスカパー映像による試合の振り返り。伊藤アナの最後のコメントは、

 父 「なんとか引き分けに持ち込みました。」

 でした。結果を知らなかった視聴者。冒頭で「ドラマ」と言われ期待したら、「なんとか引き分け」にがっかりしたのではないでしょうか(^^;)?

 そして「韓国語でサッカー」。オープニングのタイトルバックが新しくなったなと思ったら、キム、イ選手の後にロメロ選手が登場し、

 ロ 「ノーノー、今日はスペイン後でサッカー。」

 ということで、今日はそういうコーナーになりました。ロメロ選手の簡単な紹介後に言葉の紹介。「VAMOS=ヴァモス=がんばれ」でした。

 昔、「おーおーヴァモ山形♪オーレオーレオーーレ♪」 という応援歌があったのですが、その「ヴァモ」のことでしょうか?

 最後に田崎キャスが、「ヴァモス山形!」と語ったのを見て、また引いてしまいました(^^;)。


 続いてYTSのMOS。単独取材があったのか、いきなり監督の試合後会見の映像が流れました。そして独自取材?映像による試合の様子が流れました。小出アナの総括コメントは、

 小 「土壇場でなんとか追いついたモンテディオですが、2試合連続の引き分け。順位は8位です。」

 その後、なぜか廣瀬選手のインタビュー。さらに、選手が試合後サポに挨拶しているシーンが出ましたが、確かにブーイングしているような音やサポの仕草が見聞できました。
 
 群馬戦の試合は、同点に追いついた!というより、同点にしかできなかった!という論調でした。この結果を厳しく受け止めて、選手方には邁進してほしいと思います!頼んだぞ!モンテイレブン!

 追伸
 今夜、パートナー企業に決まった、アビームの役員の方の記者会見ニュースもあったわけですが、せっかくですから、この感想は明日述べたいです。


記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月16日日曜日

群馬戦、一夜明けて!

 まずは今朝のコンフェデ杯。さすがに4時起きではきついので、録画して、情報を入れないで見ました。

 開始早々に点を取られてしまい、一気に期待がしぼみ、あとは早送りで見ました。

 後半も早々に追加点をあげられ、早送りのスピードをあげました(-.-;)。

 結局3−0の完敗。世界にはまだまだ通用しないのが、よくわかりました。次のイタリア戦では、得点をあげてほしいです。

 そしてモンテディオ。印象に残ったのが、J'Sゴールのレポート。文字では書いてありませんが、監督を解任しなければ、ずるずる降格するぞ的な論調と読みました。

 モンテも大変ですが、群馬も大変だなと思いました。

 山新の見出しは「やっと引き分け」的な感じでした。不甲斐な試合と取材記者は見たのでしょう。

 なかなか勝てな状況にサポやファン、メディアも厳しい目を向け始めているのが、よくわかります。

 選手、スタッフ、フロントには背水の陣、崖っぷちぐらいの気持ちで戦ってほしいです!頼んだぞ!モンテイレブン!

2013年6月15日土曜日

止まらぬ失点!下位相手に痛恨の2失点・群馬戦

 群馬サポには非常に申し訳ないのですが、得点がリーグワースト2位の相手に2失点し、最下位争いをしている相手に勝てませんでした。

 2点ビハインドからよく追いついた?という評価もあるかもしれませんが、前節と今節で勝ち点6を取らなければならなかったはずなのに、勝ち点は2。痛いといえば、痛いです。

 今夜あのまま負けていたら、「もはや監督は解任でお願いします!群馬戦!」というタイトルにしようと考えていた矢先の堀之内選手のゴールでした。

 引き分けたのでこのタイトルは一端封印しますが、(えっ?封印していない^^;)、止まらぬ失点にはもう嫌気がさしています。

 特に今日の1失点目は、味方ボールから曖昧なプレーでボールを失いかけてのファール。そして与えたFKで失点。まさに徳島戦での1失点目と同じことの繰り返しでした・・・・。

 何度も言いますが、DFのスペシャリストの監督とヘッドコーチがいながら、何でこう失点が止まらないのでしょう。課題の修正とかしないのでしょうか・・・・・?

 勝ち点を積み上げたということで、順位も8位に上がり、6位の千葉との勝ち点差は2と変わらずです。しかし、自動昇格圏内のガンバや神戸の背中はもう見えない感じです。

 いつになったら反転攻勢するのか、はたまた浮上はないのか?もはや正念場です。とにかく失点を少なくする試合展開を期待したいです。頼んだぞ!モンテイレブン!


記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月14日金曜日

たらればを現実のものに!明日群馬戦!

 もし、モンテがホーム京都戦に逆転されなかったら?そしてホーム徳島戦で同点に追いつかれなかったら?モンテは直近4連勝を果たし、勝ち点も31に伸ばしており、得失点差を考えても、4位につけていたはずです。

 京都、徳島戦と残り10分で失われた勝ち点5と得失点差-4は、余りにも痛すぎます。

 たらればを考えればこうなります。しかし、モンテが残り10分を本当に守りきり、たらればを果たしていたら4位につけていたはずです。

 つまりあとちょっとがんばれば、プレーオフ圏内に入ってくるチャンスは十分にあったということです。

 そんな中で迎える明日のアウエー群馬戦はまさに勝たなければならない相手です。何せ相手は最下位争いの21位、しかも7試合連続で勝ち星のない相手だからです。

 調子の上がらないチームに勝てなくては、浮上は望めません。明日はなんとしても群馬をたたき、あわよくば6位以内を確定させたいものです。

 ひところはホームで強く、アウエーで弱いモンテですが、最近はその逆です。明日はアウエーですかっと勝利を期待したいです!頼んだぞ!モンテイレブン!


記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月13日木曜日

SY21協会運営形態の改善企画提案と実施に係るパートナー企業決定についての感想

 本日、その件に関する報道がありましたね!

 O 「弊協会運営形態の改善企画提案と実施に係るパートナー企業にアビームコンサルティング株式会社が決定しましたのでお知らせいたします。」

 父 「知らねーーーーー?なんでこの会社がモンテの経営に名乗りをあげてくれたの?」

 父 「胸ロゴから、つやひめが消えて、アビームになるな?」

 父 「条件の一つにスポーツの運営実績があるはずだったけれど、どんなスポーツの運営母体なな?」


 そこで頼みの綱のNHK山形のHPをのぞいてみました。


 N 「モンテディオ山形の運営団体は、13日理事会を開き、財政基盤の強化のため東京に本社があるコンサルティング会社に運営に参画してもらうことを決めました。

 理事会のあと記者会見を開いた協会の高橋節理事長によりますと、この企業は、東京に本社があるコンサルティング会社、「アビームコンサルティング」です。
 
 昭和56年に設立されたこの会社は、資本金が62億円。従業員は4000人をこえ、大阪や仙台などの国内だけでなく11の国と地域に拠点を設けるなど、海外展開も積極的に進めています。

 高橋理事長は、会見で「新たな資金の流れができて、事業の幅も広がる。お互いにやるべき仕事をどう分担していくか具体的に検討していきたい」と述べました。

 協会は、この企業と株式会社にすることも念頭に新たな組織を立ち上げ、トップチームの運営にあたることにしています。

 また、スタジアムの新たな活用方法なども検討し、試合以外で得られる収益も増加させることで年間予算を現在の2倍にあたる、20億円に拡大することを目指します。協会と「アビームコンサルティング」は、来週17日にそろって記者会見を行い、今後の運営方針などを明らかにすることにしています。(以上、NHK山形)」


 父 「ミスタードーナッツとか、すき屋とか、コンビニならはっきりわかるのに、コンサルティング会社、「アビームコンサルティング」とはいったい何もの?」

 父 「この会社はモンテに投資して、何のメリットがあるのか?解せぬ・・・・。」

 疑問ばかりが残る今の段階でした・・・。

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月12日水曜日

モンテ・今夜もネタのない夜!

 昨夜のW杯予選は、最初見ていたのですが、睡魔に勝てず前半で寝てしまいました。起きてから勝利を知ったのですが、まぁ、寝てよかったなというような感想でした(^^;)。

 さてモンテの話題。ありません(^^;)。今朝は自転車通勤だったので、瀬田さんのJリーグ情報も聞いていません。

 こんな時、頼りになるのが過去記事です(^^;)。昨年の今ごろの記事を見てみました。昨年は6月の第2水曜日、つまり今夜試合があったのですね。

 記事は・・・・・・・・・こちら。

 首位で臨んだホーム湘南戦に敗れて、首位を陥落した試合だったのですね・・・。

 ということは、昨年の今頃は首位だったのですね。昨年はここからしばらく首位戦線に留まりますが、結末はご存知の通り・・・・。

  首位戦線にからめない今季のモンテ。今後は昨季の逆をいって今後の巻き返しを期待するのみです。よい意味で私達をうらぎってくれ!頼んだぞ!モンテイレブン!

 
記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月11日火曜日

まずはよかった!Jリーグ、16年度からの秋春制移行断念!

  山形目線で大変申し訳ないのですが、やはり冬場に雪が降る山形では、秋春制は厳しいです。例えスタジアができたとしても、選手方の日々の練習環境や、スタジアムまで駆けつける冬場の交通事情を考えれば、冬に試合なんてありえません。

 そんな中、日刊に記事が載っていました。

 日 「Jリーグが検討している16年からの秋春制への移行は、導入しないことが10日、濃厚となった。27日のJ理事会後、正式発表される予定。代表の日程などを優先し、日本協会からシーズン制移行を提案されたJリーグは「Jリーグ戦略会議」を開き、16年シーズンからの秋開幕を検討してきたが、現行の春開幕を続行することでまとまったようだ~

 ~Jも前向きに検討してきたが、クラブ経営などの問題があり、J各クラブからは反対の声が多かった。移行シーズンに試合数が減ることや、年間スポンサー契約の時期の変更など、クリアすべき問題が多く、日本協会が解決策を示せなかったことで、見送ることになったようだ。」


 断念していただけることは、雪国のモンテにとっては、本当にありがたいことです。しばらく秋春制の話は封印してほしいぐらいです。

 結局、反対しているクラブが多いということは、実施してもうまくいかないということです。欧州に合わせることのみをよしとせず、日本の各クラブの、そして多くのサポファンが楽しんでサッカー観戦できる環境を作り出すことを協会やJリーグに常に意識してほしいです。頼んだぞ!協会・Jリーグ!

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月10日月曜日

徳島戦、今夜の報道から130610

  まずはOM。いつもの通り、サポのインタビューから始まり、先発メンバーの紹介、映像による試合の振り返り。そして奥野監督のインタビューと続いていきました。

 今回は前監督の小林監督が相手ということで、試合前のコバさんの様子や、インタビューでのコバさんの様子も映し出されました。

 コバさんが出て語っている姿は、まるでモンテの監督として露出しているような感じで、奥野監督が語っているより、よほど自然に見えました。そんなふうに感じたのは私だけでしょうか?やはりコバさんは、モンテの一時代を築いた名監督でしたね。奥野監督にもそんな監督になってほしいです。無理かな(^^;)?

 その後は、番記者の波田野記者の登場。今回は京都戦のように、後半の後半に走れなくなったわけでではないに、なぜ連続失点したのか?という視点で解説していました。

 その原因は、「ボールの奪われ方」が稚拙だったとのことでした。中村選手等が終盤に相手からボールを奪われるシーンをあげ、解説していました・・・・。

 リードしての残り数分、相手にボールを奪われることなく、いかに自分達でキープできる時間を長くするか?基本中の気温でしょうが、モンテイレブンにはしっかり確認してほしいです。

 韓国語でサッカーは、「パイティン=ファイト」でした(^^;)。


 続いてYTSのMOS。

 父 「あっさりだーーーーーーーー。」

 もうゲーム内容は振り返りたくないのか、映像による振り返りシーンは1分20秒程度に、本当にコンパクトにまとめられて放映しました。その後の監督インタビューも10秒程度。

 もう、こんな試合は県民にくどくど放映したくないという編集方針でしょうか(^^;)。

 ただ最後に、今季のモンテ時間帯別失点のデータを出してくれました。ここ3試合の終盤の失点が多いことを告知していました。


 こういったデータがあるわけですから、ぜひそれを今後に生かしてほしいです。パイティンだ!モンテイレブン!

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月9日日曜日

負けたような論調?徳島戦、一夜明けて!

  今節も土曜開催というところで、今日、ネットでメディアやブローガー諸氏の記事を読むことができました。負けたわけではないのですが、試合展開が展開だけに、皆負けたような気分になっている感じでした(^^;)。

  そういえば先日のW杯予選、日本代表は引き分けで勝っていないのに、日本中がまるで勝ったかのような騒ぎでしたね(^^;)。

 同じ引き分けなのに、その内容によって、勝ったり負けたり感じる。サッカーの一つのおもしろさかもしれませんね。

 しかしモンテサポファンとしては、負けた気分になったわけですから、本当に残念な試合でした。

 記事で気になったのが、まずは佐藤円さのリポートの一文。

 佐 「システム変更後の山形に若干の混乱は見られたが、「行くところに行かないと蹴られてしまうので、自分が前めになったときには行って少しでも蹴らせないように」(秋葉) とボランチから1段前に上がった秋葉とロメロ フランクが思いきり前に出て、林陵平とともにバックラインにプレッシャーをかけ始めると、一気に山形ペースに。石井秀典がセカンドボールを拾いながら、ロメロ フランクからのクロスで中島が決定的なシュートチャンスを2度迎えるなど、「非常にそこが機能し始めてマークが明確になっていくとともに、自分たちのリズムに引っぱり込むことができた」(奥野監督)。」

 円さんの記事では、監督の采配は当たっていたとの見解でしょうか。

 しかし、山形新聞の記事では、

 山 「暗転した要因として、自分たちのシステム変更に柔軟に対処できなかったことを挙げる選手もいた。後半15分、MF広瀬智靖に代わり、DF石井秀典を投入。石井をアンカーに据えた4―1―4―1のフォーメーションとしたが、「陣形を気にしすぎて、うまくスペースをカバーできなかった」と山田。ボール保持者に強くいけず、徐々に流れは徳島に傾く。ロングボールで攻撃の起点をつくられ、じわりと最終ラインは下がり、空中戦で次第に競り負ける場面が増えた。最後まで流れを引き留められなかった。」

 と、システム変更が裏目に出たような論調です。

 事実はモンテが0-2から2失点し、2-2の引き分けで終わったということです。その事実をどのように伝えるのか?それを目撃し、情報を集めた執筆者それぞれの見方なのであろうということを改めて感じました・・・・。

 ですから、昨夜の私の記事も一つの見方としてご理解ください!

 とにかくモンテイレブンスタッフには一層の精進を期待し、躍進を信じています。頼んだぞ!モンテイレブン!

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月8日土曜日

営業成績を下げるような試合をいつまで繰り返すのか?

 高校野球の記事は、今夜も1本前です。高校野球もモンテも、県民にとっては、悲しい結果でしたね・・・・・(-_-;)。

 今日の試合、私的には、「もったいない」 なんてレベルではなくて、「何やってんの?」、「課題修正力あるの?」 「情けない」 的な試合になってしまいました(-_-;)。

 モンテは過去の試合からして後半の後半に失点する確率が高いデータがあるだろうに、なぜそれを繰り返してしまうのでしょうか?


 まずわからないのが監督の采配。京都戦のときもそうでしたが、リードしているのにシステムを変えて現場を混乱させる。意図は何なのでしょう?

 監督の采配は采配として、残り5分ぐらいで2-0でリードしているのに、どんなふうに試合を終わらせればよいのか、選手方はわからないのでしょうか?1失点目の起点となった相手に与えたファール。無理にファールしなくてもよい場面でしょうに・・・・。

 2失点目も、キーパーにファールではないかと抗議していたようですが、常澤選手が先にさわって、はじき出す時間は十分にあったよう見えました。

 何度もいいますが、DFのスペシャリストが監督、コーチをしているのに、止まらない失点。もう、指導力、采配力を疑うしかありません。

 幸いまだプレーオフ圏内の6位の背中は見えています。しかし、果たしてこのまま首脳陣に指導や采配をまかせてよいのでしょうか?

 現場を混乱させて、勝ち点を失う采配にモンテの今を託してよいのでしょうか?奥野監督は、いずれは鹿島の監督になるでしょう。モンテをその踏み台にされてはたまったものではありません。

 パートナー企業を募集して、株式会社化を図っているフロント。ここは、監督人事に対しても今までのモンテフロントらしくない行動に挑戦してみてはいかがでしょうか?取り返しのつくうちに、打てる手は打つ。新しいチャレンジをしてみては?


 最後に表題ですが、京都戦といい、今日の徳島戦といい、こんな試合をしていたら、サポはともかく、ファンや初心者は、「また見にこようか!」なんて思わなくなると思いますよ!まさに、営業には最も厳しい試合展開・・・。

 観客を魅了しろとは言いませんが、落胆を倍増させるような試合展開は二度とごめんです。


 えっ?それも含めてサッカー?言い過ぎではないか? いやならモンテファンやめろ? それはそうですが、このホーム2戦見て、こんなふうに言うブロガーがいるのも認めていただくのもサッカーと思っています・・・・・。
 
記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

力の差はうまっていなかった!春季東北地区高校野球・3日目

 酒田南が準々決勝に登場しました。昨日の記事でも紹介しましたが、相手は昨秋の東北大会準決勝で1-10とコールド負けを喫した仙台育英。

 酒田南の今の自分達の力を計るのにこの上ない相手と山形新聞にも出ていました。

 2回に先制するも、3回に5失点、6回に4失点とビックイニングを作られ、1-9の7回コールド負けを喫しました。昨秋も中盤に大量失点しやぶれた経緯があるだけに、似たような内容で敗退となりました。

 酒田南ナインは選抜に選ばれなかった悔しさもあり、きっと一生懸命練習に打ち込んできたと思います。昨秋よりもレベルアップしたところもたくさんあるでしょう。

 しかし結果を見ると、実力差は何もうまっていない感じでした。レベルアップはお互い様。仙台育英も猛練習してレベルアップしたのでしょう。つまりレベルアップしても、差はうめることができなかったのです・・・・。

 これで県勢はすべて敗退。ベスト4に進めませんでした。ホスト県の面目を果たせませんでした。

 羽黒、九里、酒田南、米沢中央、日大山形、山形中央と、県内の有力校の実力は紙一重のような感じです。が、いかんせん東北、まして全国では通用しないレベルと言っても過言ではない状況です。

 甲子園予選まで1月余り。甲子園に出るのではなく、勝ち抜くことを目標に残りのわずかな時間を練習に打ち込んでほしいと思います。頼んだぞ!県勢高校球児!


記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月7日金曜日

淳さんの後は、コバさんにも恩返しを!明日徳島戦!

 今夜2本目の記事です(^^;)。先に高校野球の記事も打ってますので、ぜひ見てください(^^;)!

 さて明日、徳島戦ですね。モンテは強かったホームで2連敗。明日のホーム戦はぜひとも勝ちたいものです。

 相手はあの小林監督。徹底した約束事で戦ってくるコバさんですから、おいそれとは得点できないような気がします。佐藤円さのプレビューを読んでみたのですが、やはり前節も水戸に完勝しており、侮れない相手であることは間違いないようです。

 難しい戦術等は素人なのでわかりません。ただ、せっかく前節でモンテ元監督の淳さんに恩返しができたので、明日もコバさんに恩返ししたいものです。

 昨年は、SBながら小林選手が相手DFを切り裂き見事なゴールをあげました。今年は秘蔵っ子の山田・廣瀬選手がコバさんへの恩返しを狙っているようです。

 二人にはなんとか成長した姿をコバさんに見せてほしいと思います。

 明日の試合、もし勝つことができれば、他チームの成績にもよりますが、6位以内に浮上できる可能性が出てきます。快勝の千葉戦を受けた後のホーム徳島戦。ここでしっかり流れをつかめるかつかめないかは今後の戦い方に大きな影響を与えそうです。

 明日は強い気持ちをしっかりもって、ぜひ勝利をつかんでほしいと思います。頼んだぞ!モンテイレブン!

 追伸
 明日は遠い親族にご不幸があり、生参戦はおろか生視聴も不可能です。でも、しっかり念だけは送りたいと思います・・・・・。


記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

酒田南はベスト8、羽黒は初戦敗退!春季東北高校野球・2日目

 まずは第3代表の酒田南。岩手第2代表の専大北上との対戦でした。1回表に先制するも、1、2回に失点し、序盤で1-6の劣勢。しかし6回に打線が爆発し一挙6点をあげて逆転すると、その後も加点し、9回表を終了して10-6のリード。

 しかし、9回裏に3失点を喫し、からくも10-9で勝利し、ベスト8進出を決めました。大味な試合になってしまいましたが、トーナメントの高校野球は結果がすべて。勝ったので素晴らしいです。昨秋ベスト4の面目をまたまた果たしました。


 続いて第1代表の羽黒。青森第2代表の八戸工大一高との対戦。8回終了まで2-2の緊迫したゲームを展開するも、9回表に大量6失点を喫し、2-8で敗退。試合内容の情報はありませんが、3投手で粘り強く県大会を勝ち進んできた守備の力が、やはり通用しなかったということでしょう。ホストの県勢第1代表が初戦敗退とは、本当に残念です。

 各県の第1代表で初戦を突破できなかったのは、羽黒のみでした。本当に残念です。

 さてベスト8に残った県勢は酒田南のみ。山形で開催されているだけに残念です。しかも明日は昨秋の準決勝でコールド負けを喫した、仙台育英が相手です。実力は圧倒的に相手が上です。

 劣勢はいなめませんが、ホームの利を生かして、なんとか、なんとか勝利してほしいと思います。

 頼んだぞ!酒田南ナイン!

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月6日木曜日

春季東北地区高校野球

 昨夜、一昨夜と日本代表W杯決定の記事を打ったのですが、本ブログへのアクセス数の少ないこと少ないこと・・・・(^^;)。日本代表がW杯出場を決めても、本ブログの読者の皆様にはさほど興味がないことであるのがよくわかりました(^^;)。やはりモンテあってこその本ブログですね。

 で、今夜は表記通りの野球ネタ。アクセス数は上がらないでしょうが、私のこだわりなので、綴らせてください。

 今日開幕しましたが、県勢は2校登場しました。まずは第3代表の酒田南。昨秋東北大会ベスト4ながらも県大会で不覚をとり第3代表に甘んじました。対戦相手は青森第3代表の八戸工でした。序盤リードされるも、後半に逆転。8-2で勝利し、昨秋ベスト4の面目は保ちました。

 続いて第2代表の九里学園。東北大会初出場です。相手は昨秋ベスト8の青森山田。昨秋の実力では、ベスト4の酒田南よりも上とされた学校です。九里学園との実力差は明白です。

 案の定、初回から失点し、追加点もあげられ、結局0-8の7回コールド負けでした。これはかなり予想された展開ですので、何の驚きもありません。これが実力でしょう。

 明日はベスト8をかけて、第1代表の羽黒、そして今日勝った酒田南が登場します。今大会は、山形大会です。ホスト校として、なんとしても勝利を飾ってほしいと思います。

 頼んだぞ!県勢高校球児!

 
記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月5日水曜日

ドーハの悲劇から20年ったのか?日本代表W杯出場決定!

  今朝のニュースも、今夜のニュースもW杯出場決定を大きく取り上げていましたね。主役は本田選手。PKを決めたのはもちろんのこと、今日の選手スタッフ記者会見でも存在感のある発言をしたということで、報道されていました。

 Jリーグができて20年。前も書きましたが、オープニングマッチのV川崎VS横浜Mの試合は生中継で見ていました。そしてこの20年前の秋、W杯の予選があったのですね。


 監督はオフト。「オフサイドトラップ」という言葉が印象に残っています。で、最終予選は当然テレビで見ていましたが、最終戦も見ていました。ここで勝てばW杯出場という試合まで日本はこぎつけました。

 いわゆる、「ドーハの悲劇」という瞬間は、生中継で見ていました。カズ、ラモス、ゴン、北澤、井原、武田等当時を代表する選手方がうなだれ、ゴールに倒れ込むシーンは今でも覚えています。

 あれから20年。多くのサポに後押しされて、期待される中で代表決定をしっかり決める。20年前当時の代表とは、やはり隔世の感があるなと感じる父でした・・・・。


記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月4日火曜日

ただの引き分けよりも好演出?日本W杯出場決定!

  今、W杯予選を見ています。後半28分で0-0の場面です。ここから試合終了まで、試合を見ながらの雑感を今夜のブログ記事にしようと思いました(^^;)。

 ここまでの日本、得点こそあげていませんが、ホームの大声援を受けて、躍動感のあるプレーをしています。前線の、前田、香川、岡崎、本田選手の動きなど、わくわくどきどきのプレーです。

 引き分けでも出場決定が決まるこの試合。ここまで躍動を見せているチームを考えると、無理に勝たなくても、引き分けで、「決定」するわけですから、ここで決まりにしたいです。

 今、33分です。長谷部選手のシュートが、ホームランです・・・・。

 ここまでよい試合を見せている日本。引き分け決定でもよいじゃないですか。残り10分。しっかりリスク管理してほしいです。と言っている矢先に失点・・・・・・・・・・・・(@_@)!


 相手クロスに見えたふんわりクロスがそのままゴールに吸い込まれてしまいました・・・・。 

 監督が動いてメンバー交代した直後の失点・・・・・・・!、まるで奥野監督だよーーーー。


 あきらめていたら、44分にハンドでPKだーーーー!蹴るのは本田選手。決められるのか?


 決まったーーーーーーーーー!でも、あと2分あるべ!まだ決まってないよ!


 勝ったーーーーーー、いや、引き分けたーーーーーーー(^^;)!


 松 「サッケローニの采配ミスを本田が帳消しにしました!」

 父 「ハハハハハハーーー、さすが松木さん。」


 勝てはしませんでしたが、今日の試合内容でW杯出場を逃したら、サポのその後が危ぶまれましたので、決めてもらって本当によかったです。

 私にとっては、代表の試合はモンテの次ですが、この後開催されるコンフェデ杯はやはり期待しています。ぜひ、よい試合内容を期待しています。がんばれ!日本代表!

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月3日月曜日

千葉戦、今夜の報道から130603 

 まずはNHK山形のOM。いつもと同じような内容。スカパー映像による試合の振り返りでした。伊藤アナの語録で振り返ると、

 アナ 「またしても右サイドから崩され失点。逆転負けをした前節の苦い記憶がよみがえります。」

 父 「やはり、そこに結びつけるか(^^;)」

 アナ 「このいやな流れを断ち切ったのは、背番号10のこの人でした・・・・・。伊東の今シーズン初ゴールでリードを再び2点に戻します。」

 父 「伊東線手、これで県内では有名人だな(^^;)。」

 アナ 「守りに入って押し込まれた前節の反省を生かし、最後まで攻め抜いたモンテディオ。適地で快勝です。」

 父 「前節は守りに入ったはずなのに監督が萬代選手を入れたから、選手方が混乱したんでしょう(^^;)。」

 これでコーナーは終わりました。アウエーのためか波田野記者も現れませんでした(^^;)。


 続いてYTSのMOS。独自取材だったのか、スカパー映像とは若干違ったカメラアングルに見えました。構成はOMと似ていて、追い上げられたいやなムードを伊東選手のゴールが払拭した的な感じでした。


 その後、監督がサポに挨拶に行ったシーンが映し出され、その後監督のインタビュー。さらに堀之内、林選手のインタビューと続きました。


 そして次の徳島戦はYTSで生中継するとの告知。

 父 「なんだよーーー、ほんじゃまた観客動員減っぺしたーーーー!」

 嬉しいような悲しいような気持ちでした。

 先日の快勝に浮かれることなく、しっかりと今後も戦ってほしいです!頼んだぞ!モンテイレブン!

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月2日日曜日

千葉戦、一夜明けて!やはり土曜開催もよい!

 昨夜は久々の土曜開催でした。土曜開催もやはりよいですね。昨夜は勝利の美酒にいつまでもぐだぐだ飲むことができました(^^;)。それもこれも今日が休みのおかげです。

 そして今日は、昨夜録画したマッチデーJリーグを見たり、ブローガー諸氏やメディアの記事をゆっくりと読むことができたりしました。日曜開催だと次の日が仕事なため、そんな時間がとれないことも多いです。

 ナイターの時期ともなれば、ホームでもアウェーでも、日曜の夜よりは土曜日の夜の方が出かけやすい方が多いのは確実なところでしょう。

 やはりモンテには早めに土曜開催のJ1に戻ってほしいものです。ただ今月は全て土曜開催。ゆったりとモンテ観戦したいものです。


 さて昨夜の試合。ブローガー諸氏、メディアともナイスゲームの評が多かったです。伊東選手の活躍をあげているのが目立ちました。秋葉選手が戻り、堀之内選手がCBに入ったのも好要因だったのかもしれません。

 少し前の山新で、「今季のモンテの試合は好不調が激しく、やってみなとわからない」的な内容の記事が載りました。それが8勝8敗という数字に表れています。なんとかこの状況を脱し、モンテには昨夜の勝利をきっかけにして躍進を期待したいです。

 とにかく、「○戦負けなし」的な戦いで勝ち点を積み上げてほしいです。頼んだぞ!モンテイレブン!

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2013年6月1日土曜日

ホーム2連敗の後はアウエー2連勝!完勝?千葉戦!

 ホームで強かったモンテがホームで2連敗。アウエーで弱かったモンテがアウエーで2連勝。8勝8敗1分と、本当に白黒つけないと済まない今シーズンです。

 さて今夜の試合。前半は完勝でした。よい時間帯で得意のセットプレーから堀之内選手の見事なヘデイングゴール!堀之内選手が得点をあげれば勝利というジンクスが生きました。えっ?まだ2試合目だろ?よいジンクスはどんどん作りましょう!

 で、後半。んーーー、やはりPKのジャッジが試合の流れに影響を与えたといっても過言ではないかもしれません。見ていた私も、えっ?あれでPKと思いました。逆に相手の立場だったらかなりな激怒です。

 その他にも今夜の審判のジャッジには不可解な点がありました。千葉サポから言わせればかなりなジャッジだったかもしれません。今夜の主審は国際審判とのことでしたが・・・・。

 しかしそれも含めてサッカー。モンテだって今までジャッジには煮え湯を飲まされたことがありましたから・・・。

 でも、3点目の伊東選手のゴールが、彼自身モンテ初ゴールだっとは考えもしませんでした。これで今夜先発したメンバーはGK以外はみんな得点をあげたとか・・・。どこからでも得点が取れる。それが今年のモンテの強みかもしれませんね。

 後半の運もあって?今夜は完勝。反転攻勢の、のろしとしたいものです。

 しかし、8敗はいけません。今後は、ホームは勝利、アウェーは引き分け以上を狙ってほしいです。6位にはもうひとふんばりだ!頼んだぞ!モンテイレブン!


記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング